ドクツルタケ Amanita virosa


2006年9月 この写真は富士山

胞子サイズ**×**(μm)
◆REMARKS◆
この写真は富士山のものやけど八ケ岳西麓でもよく見かける代表的な猛毒菌。
キノコの会の先輩猛者もさすがにこれは食べてないみたいや。
みんなも絶対に拾い食いしたらあかんよ。
とても美しいキノコで気品すら漂ってるけどね。Mushrooms & Toadstools of Britain & Europeという欧州のキノコの図鑑には英名[Destroying Angel]なんてカッコイイ名前までついてるねん。
[殺しの天使]てな感じやね、、、007シリーズみたいやね。
シロタマゴテングタケ(これも猛毒)とよく似ているけどドクツルタケはKOHで黄色(レモン色)になるそうや。
上の写真は「ご主人」の大先輩のY氏が呈色反応を確認しているところを写真に撮らせてもらったみたい。