ヒトヨタケ Coprinus atramentarius


2007年7月11日 自宅周辺

胞子サイズ8〜9×4〜5(μm)

2007年10月14日 戸隠奥社周辺

ヒトヨタケ08/5/21
◆追加08/5/21◆
最近、うちの周辺の人らがキノコが出てたらfukipukiに知らせてくれるようになったんや。
そやからこのヒトヨタケも隣のおばちゃんが「fukiちゃん、なんか変なキノコでてるよ」って教えに来てくれたんや。
これは分かりやすいヒトヨタケで、Fungi Of Switzerland の写真とおんなじやわ。
食べるんやったら、もうちょっと若い方がエエなあ。
◆追加07/10/14◆
写真3
1枚目の写真はもしかしたらヒトヨタケとちゃうかもしれへんわ。ネナガノヒトヨタケ?わからへんようになってしもうた。来年よ〜く観察しよっと。
3の写真のヒトヨタケは帰ってきたらボロボロのよれよれでちょっと食べられへんわ。
う〜ん残念。(山犬やけどきれい好きなもんで)

◆REMARKS◆
代表的なinky capで可食扱いの図鑑と有毒として扱っているものとあるんやけどFungi Of Switzerlandでは有毒扱いやね。
どちらにしてもCoprinusの仲間はコプリンを含んでいるわけでアルコールと一緒に食すのはだめやね。
美味しそうな幼菌があったら試食したいとは思てるんやけどいつも見つけるのは周縁部が少し黒くなった者が多いね。
たぶん食感はササクレヒトヨタケと似ていそうやねえ。
試食したら追記するからみてね。