ショウゲンジ Rozites caperata


2004年9月5日 八ケ岳西麓(富士見町乙事)

胞子サイズ10〜11×7〜8(μm)
◆REMARKS◆
歯触りもええし味に癖はあらへんし料理しやすくて見栄えもええよ。お気に入りのキノコやね。
おまけにこれを採るのがまた楽しい。
里近くでは所々楢の木などの雑木が混じる赤松の林で昔はマツタケができたかもねという感じのところでとる。
標高の高いところでは栂の林で一面コケに覆われたようなところで発生してるけど時期はもっと早いな。。
そんな場所で地面や堆積物の盛り上がりを見つけては「あったかな」という感じでみていくんやけど、宝探しみたいで楽しいよ。
もちろん完全に地表に姿を現したものを見つけた時も見栄えのするキノコやからええけどね。
でも食べるにはやはり幼菌に限るね。
醤油味で煮て大根おろしにのせたり蕎麦の具にしてもええなあ。
コムソウと呼ぶ人もいてるね。傘が開く前はほんまに虚無僧みたいやね。